食品アレルギーは豊かな食生活が原因

食品アレルギーというのは、毎日食べているものが原因でアレルギーを起こす事を言います。 これは、古代の科学者 ルクレチウスが人の食べ物はある人によっては毒になってしまうという表現をしています。

この食品アレルギーは1900年以降に研究が始められたと言われています。
食品アレルギーというのは、腸の中で分解されたものが吸収されて、抗体を作ってしまった事がきっかけになって引き起こっているのが原因になっています。

食品アレルギーというのは、ここ数十年の間で注目されてきました。 そして、注目されている理由には今の食生活に凄く原因があると言われています。 その理由は3つあります。

  • 赤ちゃんを母乳ではなく人工ミルクで育てている事。
  • 動物性タンパク質の摂取が多くなっている事。
  • 食品添加物などの食品本来の成分ではないものが多くなってきている事。

この3つが原因で、日常生活を豊かにしています。 これによって、逆に食品あれグリーを引き起こしている原因になっています。

食品アレルギーが原因によって、アトピーになってしまう子供も多くなってきました。 発熱やじんましん、呼吸困難、めまいなど症状もいくつもあって子供にとってはあまりいい環境ではないと思います。
それに、共働きの家庭が多くなってきている事もあって夕飯は簡単に済ませるといった出来合い品が多い傾向にあります。
こういった食事を続ける事によって、アレルギーだけではなく肥満になってしまう子供も多くいるので、食生活は子供の為にも気をつけなければいけません。