子どもの食品アレルギーは治る?

食品アレルギーは、食べ物を食べた時に身体にさまざまな症状が出る事です。
アレルギーは、食べ物を食べてからすぐや2時間以内に起こるものです。 身体の中の抗体と食品の抗体とがぶつかって何らかの症状を引き起こします。
アレルギーの症状としては、じんましんや皮膚が赤くなったり、かゆみ、腫れ、呼吸障害、腹痛、下痢や吐き気などさまざまです。
このような症状を引き起こし、自分がどの食品によってアレルギー症状が出たのかはっきりとわかるケースは少ないのが現状です。
アレルギー症状を起こしやすい食品としてあげられるのは、卵や乳製品、小麦、甲殻類、果物、そば、魚類、ピーナッツ、大豆、肉類、野菜類などさまざまです。

特に多いのが、卵や乳製品、小麦、甲殻類です。
食品アレルギーは、子どもに多く見られますが子どもの場合には成長していくうちに改善する可能性もあります。
小学校入学の頃に食品アレルギーが治る事は、80%にも及びます。 それは、ほとんどが耐性がついてくるからと考えられています。
食品アレルギーは、個人差があります。
それぞれ、どの食品でアレルギー反応が出るかも違いますし、アレルギーの症状も違ってきます。軽い症状の人もいれば、命に関わるような重症になる事もあります。
そんなこともあり、平成14年には加工食品のアレルギー表示が義務付けられました。
加工食品には、目に見てすぐにわかるものもあれば、目で見てもわからない物もありますよね?
そんな時に、この表示を見れば一目瞭然です。